分都・連邦制を検討

2011年12月3日

分都・連邦制を検討

(以下引用)

リビアの反カダフィ派「国民評議会」は二十三日の「解放宣言」を受け、暫定政府の早期樹立に向けて動き始めたが、同評議会で一部省庁を北東部ベンガジに移す事実上の分都や、連邦制導入も検討されていることが二十四日、関係者の話で分かった。旧体制時代からある地域間の根強い対立を背景に、新生リビアの主導権をめぐり早くも綱引きが始まっているもようだ。[PR]広島 デリヘルの優良店をご紹介

リビア解放を宣言するのに選ばれたのは、首都トリポリではなく反カダフィ派の拠点ベンガジだった。元最高指導者カダフィ大佐はトリポリを牙城とし、出身地の北中部シルトなどの開発を優先。反カダフィ感情の強いベンガジなどは冷遇したとされる。世界有数の産油国だが、富の分配をめぐる不公平感が東部の住民には強い。[広告]北陸の最高のデリ嬢を紹介金沢 デリヘル検索サイト

ベンガジ在住の国民評議会高官は本紙の電話取材に「革命はベンガジから始まった。何十年も犠牲を払い、独裁体制と対峙(たいじ)した人々が勝利を味わうのは当然だ」と強調。「ベンガジは新生リビアの中心となる」と語った。その上で、中央集権を見直す一環として、トリポリとベンガジに省庁を振り分ける議論が進行中だと明かした。[PR]47都道府県の最高のデリヘルを紹介します

同高官によると、石油、財政、国防などの主要省庁をベンガジに移す案が出ている。また、トリポリに大使館を置く各国には、ベンガジに領事館を設けるよう求めるという。

さらには「地域ごとに必要な権利や独立性を与えるため、連邦制を導入するアイデアも出ている」と語った。

リビアは各地で地元の部族が影響力を持っており、そもそも地域ごとに独立心や対抗意識が強い。暫定政府の樹立は解放宣言から一カ月以内としているが、地域間対立を緩和できるかが焦点となる。[広告]九州の極上のお店をお探しなら福岡 デリヘル検索サイト

トリポリ大のモハメド・ハシェミ教授(政治学)は「リーダーらが分断されるリビアで最大の難題は国民の統一と和解だ」と説明。兵士の主張からカダフィ氏の遺体がトリポリやベンガジでなく北西部ミスラタに運ばれたとの情報もあり「リビアに今、司令塔がいないことを象徴している」と指摘した。[PR]美女ぞろいのお店を探そう岡山 デリヘルWebサイト!